Matelligence(マテリジェンス)

今日の疑問を、明日の“叡智”に。

バレンタインデーがビジネス化した経緯を考察してみる

   

チョコレートを渡すのは日本人だけ!

valentine-candy-626447_640

バレンタインデーが
近づいてきた訳ですが、

チョコレートを渡す習慣は
実は“日本だけ”というのは
知っている方は
知っている情報ですよね。

そもそもの由来は、
様々な方がブログに掲載しているので、
検索すれば分かるかと思いますが、

聖バレンティヌスが、
目の見えない
少女のために祈ったことで、

その少女は目が
見えるようになるけれども、

それによってバレンティヌスが
処刑される訳ですが
死ぬ前に彼女に宛てた手紙があって、

そこから若い男性が女性に
愛を綴ったカードを
2月14日に渡すようになり…

そこから男女共に、
バレンタインカードを渡すといった
習慣がつくようになった訳です。

…あれ?男女共に?
といったことを思うかもしれませんが、
これが実際の海外の
バレンタインの習慣らしく、

女性は男性に渡すのがバレンタインデー
男性が女性に返すのはホワイトデー、
といった明確な区分が
ある訳ではないそうですね。

では、日本では何故、
チョコレートを渡す習慣が出来たか
ここを追求してみようと思います。

全ては“伊勢丹”から始まった…?

road-908176_640

始まりは1958年。
メリーチョコレートカムパニーは
新宿・伊勢丹の売り場に
バレンタインセールと手書きの看板を
出したことから始まったと言われています。

となると、このメリーチョコレート社が
バレンタインでチョコレート販促を手がけた
最初の会社と考えられますね。

ただ、この時点では、
売り上げは殆どなかったそうで、
3日間で売れたのは

30円の板チョコ5枚と
4円のカード5枚だけだったと
言われています。

そして、その翌年には、
よく見る“ハート型チョコレート”を売り出し

ここで改めて、
“女性から男性へ贈るもの”ということを
再認識させるような伝え方を心がけ、
チョコレートを展開していきました。

次第に、マスコミが取り上げるように…

format-869383_640

その後1960年には、
森永製菓が、バレンタインに対する企画を
マスコミを通じて行い、
様々なメディアで
注目を浴びるようになり、

更にはこの時期に
チョコレートを購入することで、

劇場に招待したり、
時計などがプレゼントで当たる
といったキャンペーンまで出回り、
バレンタイン事業がいよいよ拡大し、

日本では、
『女性が男性にチョコレートを渡す』
といった風習が
浸透するようになりました。

こういった流れを経て、
今、私たちはバレンタインデーというイベントを
楽しんでいるのでしょうね…!

“イベント事”と“ビジネス”の関係性

mark-516277_640

このように考えると、
日本では宗教においては
自由な思想が認知されていますが、

私たちの知らないところで、
企業の誘導に乗っている事例が
多くあるように感じます。

もちろん、それが
良いか悪いかは
個人の考えによると思いますが、

日常的な行事などにおいても、
様々な企業が
絡んでいるのかもしれません。

今回はバレンタインを取り上げましたが、
ハロウィンや、クリスマスなど、

もともとの伝統的な行事が
“ビジネス化”している行事に
フォーカスしてみるのも
面白いかもしれませんね^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

1
お金かけずに目を守る! MacBookでブルーライトカットにする設定方法

MacBookを動かしている時、目に疲れを感じる方も多いのではないでしょうか。実 ...

2
近くに居るぞ…!ネットストーカーから身を守るための回避方法

ソーシャルメディアが普及してから身の回りのことを記事にする方も増えましたが、 い ...

3
Macbook Proのカーソルとキーボードが動かないのでAppleストアに行ってみた

私は現在Windows2台とMac1台で、 作業を行っていますが、 ここ最近Ma ...

4
PC・スマホで肩こりがひどいなら『スライヴつかみもみマッサージャーMD-411』でリフレッシュ

仕事柄、PCやスマホばかり見ているので、 姿勢が悪くなり、肩こりに繋がる… とい ...

 - バレンタインデー・ホワイトデー , , , ,