Matelligence(マテリジェンス)

今日の疑問を、明日の“叡智”に。

ボジョレーヌーボーの評価最悪!?今年の評価と“最悪の年”の比較

   

今年も解禁されました

wine-619452_640

ボジョレーヌーボーの解禁日は

毎年11月の第3木曜日なので、

今年も遂に解禁されましたね。

ネット上でも既に、

様々な意見が飛び交っておりますが

そんな中で最も興味が湧くのが

今年の“評価”でしょう。

2015年の評価は、“今世紀で最高の出来”!

…と、いう事で

今年も相変わらずの

非常に高い評価という

結果に終わりました…^^;

ここ数年、最高記録を

更新しまくっていますよね。。。笑

2001年「ここ10年で最高」
2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
2003年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
2005年「ここ数年で最高」
2006年「昨年同様良い出来栄え」
2009年「50年に1度の出来」
2010年「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」

Wikipediaより一部抜粋・引用

ただ、いつも【最高】ではなかった

cork-738603_640

ただ、ボジョレーヌーボーには

数年前に、“史上最悪の評価”が

下された年があったことをご存知でしょうか。。

毎年良い評価ばかりが飛び交う中で、

最悪の評価が下された年とは…

2012年の評価は、“史上最悪の不作”

この2012年に関しては、

今までの評判を覆し、

“史上最悪”とまで

言われてしまっていたのです。

この原因として、

フランスボージョレ地方で

摂れるブドウが、

天候不順により、

収穫予定量の半分以下しかなく、

ブドウの価格が

急激に上がってしまった事が

1つの原因と言われております。

ブドウの品質そのものは健全、

といった評価はあったものの、

“史上最悪の不作”と

謳われてしまうほどの

評判だったところから、

当時は非常に大きな反響が

あったと言われていますね。

キャッチコピーも1つの楽しみ方??

wineglass-553467_640

こういったキャッチコピーは

Twitterでも様々な意見が飛び交っていますが

これも1つの

“ボジョレーの楽しみ方”なのかもしれません。

本来ボジョレーヌーボーは、

その年に採れたブドウの質を確かめる、

といった意味合いもあるそうで、

販売側は、その年の新酒の良さを

見極めるために重要な事ですが、

ネットで飛び交う

このようなキャッチコピーが、

ボジョレーの認知度を高める

新たな一手となるようにも感じますね。

是非、あなたも今年のボジョレーを

堪能してみてはいかがでしょうか?^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

1
お金かけずに目を守る! MacBookでブルーライトカットにする設定方法

MacBookを動かしている時、目に疲れを感じる方も多いのではないでしょうか。実 ...

2
近くに居るぞ…!ネットストーカーから身を守るための回避方法

ソーシャルメディアが普及してから身の回りのことを記事にする方も増えましたが、 い ...

3
Macbook Proのカーソルとキーボードが動かないのでAppleストアに行ってみた

私は現在Windows2台とMac1台で、 作業を行っていますが、 ここ最近Ma ...

4
PC・スマホで肩こりがひどいなら『スライヴつかみもみマッサージャーMD-411』でリフレッシュ

仕事柄、PCやスマホばかり見ているので、 姿勢が悪くなり、肩こりに繋がる… とい ...

 - ボジョレーヌーボー , , , , ,